白い液体をぶちまけられる女

オナニーの仕方

気持ちよさを上げる射精量は、どうしたら増えるの?

投稿日:

オナニーするとき日によって精液量が違っていることに気づくと思います。
射精量が少ないとき「あ~ぁ今日はハズレだな…」ってがっかりすることがしばしばありました。
でも精液量を増やす食べ物やサプリを試したところ、改善を実感できました。
今回は射精量が増える食べ物やサプリをご紹介します。

オナニーの回数には限度があり、一度出すと次気持ちよく射精するための充電期間が必要

若い男ならば、一日に何回もオナニーをすることも可能ですが、30代オーバーになると、どうしてもオナニー回数に限りが出てきます。
私はほぼ毎日オナニーをしていますが、やはり年齢には勝てないなと思うときがあります。

しかし脳はオナニーしたくて仕方がないので、無理やりちんこをシコシコしてオナニーをしますよね。
そしてあまり間をおかず2回戦目に行くとチンコがしびれることも。
しかも、射精量も減っています。
これでは気持ちよさはあまり感じられなくなるのは目に見えています。

ということは、オナニーの回数よりも、オナニーの射精量をできるだけ多くすることがポイントになりますよね?
どうしたらオナニーの射精量を増やすことができるのでしょうか?

精液量を増やす食べ物

もちろん人によっては差があって、同じ食べ物やサプリを食べたからといって、同じ効果が出るとは限りませんが、試してみる価値は十分あります。
まずは気軽に食事から摂れる食べ物から紹介していきます。

定番の肉系。

スタミナアップの効果があり、ちんこの精子を作るうえで欠かせない動物系のタンパク質が多いです。
ポイントなのは、もも肉がオススメです。

なぜかと言いますと、サーロインやバラ肉などは、美味しいのですが、脂っぽいので、多量に食べると体によくありません。
体によくないということは、オナニーの際にちんこが勃起するまでに時間がかかったり、性欲が沸かなかったりと、いろいろとマイナス要素が大きいということです。
よって、いかにして体に負担をかけないで、肉系の食べ物を多く摂取するかなのです。
私は結構モモ肉を食べます。
モモ肉と多く食べたことによって実際に精液量が増えたのを実感していますので、ステーキで食べるとか、カレーに入れるなど、工夫をして多く食べることをオススメします。
牛もも肉のデメリットは食費がかかること。
φ(・ω・` )

また、動物系のタンパク質だけではなく、豆腐や納豆などの植物性タンパク質もオススメです。
これらの植物系タンパク質は、体にいいものが多く、多く食べてもあまり体の負担になりません。
そして食費はあまりかかりません。
普段豆腐や納豆を摂らないあなたにオススメです。

あとは「亜鉛」を含む牡蠣。
料亭など行かなくても殻をむいた牡蠣は手軽にスーパーで買えますので、普段取らないあなたはぜひチェックを。

とにかく、タンパク質を多くとると、精液量が増えるのです。
もちろん、魚系もいいですね。
基本的に和食系の食べ物がいいです。

手軽に摂れるサプリも併用して射精量を増やそう!

紹介した食べ物と併用して、精液量を増やすサプリもオススメです。

マカとか亜鉛、すっぽんエキスなどがいいです。
ドラッグストアなどにいけば、栄養ドリンク付近に置いていることも多いサプリです。

滋養強壮と書かれているサプリは、どれも精液を増やす効果があるのですが、マカや亜鉛、すっぽんエキスは私が実際に試して効果が実感できたので、是非オススメします。

これらの食べ物&サプリを継続して摂取し、十分な精液を増やしてからオナニーすると、かなりの気持ちよさになります。
値段もそれほど高くありませんし、手軽に始めることができますので、精液を増やす食べ物とサプリを上手に使ってオナ電でしっかりとオナニーしましょう☆

-オナニーの仕方

Copyright© オナ電ライフ , 2019 AllRights Reserved.

初めてのオナ電なら『MGI』がおすすめ!
オナ電サイトMGI