オナ電の楽しみ方

セックスと同じくらい気持ちよくなるオナ電テクニック

更新日:

最近、オナ電を利用し刺激的なオナニーを楽しむ男性が増えていますが、中にはあまり楽しめていない人もいるようです。
それはオナ電に問題があるのではなく、あなたのやり方に問題があるかもしれません。
そこで、初心者の人でも分かるように基本テクニックを紹介しますので、自分のやり方に問題がないかチェックしてみてください。

オナ電とは

オナ電とは、電話を通して疑似セックスをすることです。
実際にすることはオナニーと同じですが、相手の声や息づかいを電話口で聞くことで、セックスしている状況を鮮明に頭の中でイメージすることができるので、1人でオナニーするより何倍も気持ちよくなれます。

最近はスマホのテレビ機能を利用してオナ電する人が増えてきているため、通話機能だけで疑似セックスしていた頃よりも刺激的な内容を楽しむ人が増えています。
ただし見ず知らずの男性から「テレビ電話にしない?」と言われると、ほとんどの女性は引いてしまうでしょうから、関係を深めてから提案するようにし、最初は通話だけで楽しむようにしましょう。

オナ電を楽しむためには女性を喜ばせるテクニックが必要

新しいセックスの形とも言えるオナ電ですが、中にはあまり楽しめていない男性もいます。
そういう人の大半は、自分が気持ち良くなることばかりを考えて、相手の女性を気持ち良くさせることを意識していません。
オナ電を楽しむためには、まず相手の女性を気持ち良くさせることが大切です。
女性の感じている声や息づかいを聞いていると、次第に男性も気分が高まり、気持ち良くなってきます。
そこで、オナ電で女性を感じさせるテクニックを3つ紹介します。
どのテクニックも意識さえしていれば簡単にできるものなので、しっかり身につけておきしょう!

行動を言葉にする

電話では相手の行動を見ることや感じることはできませんので、セックスしていることがはっきりイメージできるように行動を言葉する必要があります。
「耳にキスするよ」「胸触るよ、柔らかいね」など、1つ1つ丁寧に愛撫する様子を言葉で伝えていくことで女性はどんどんいやらしい妄想を膨らませ興奮していきます。

喘ぎ声を出す

喘ぎ声は女性が出すものと考えている人が多いですが、オナ電では男性も積極的に喘ぎ声を出しましょう。
普段出すことがないのでうまく声に出すことができない人が多いですが、それだと気持ちが伝わりませんので、AV男優をイメージして感情を込めて喘ぎましょう。

音を活用する

言葉だけではすぐ飽きてしまい、マンネリ化してしまう可能性があります。
それを防ぐために、音を活用しましょう。
女性が自分の性器を触っているときに、性器へ電話を近づけてもらうと、「クチュクチュ」といやらしい音を聞くことができます。
これは男性も興奮しますが、女性も羞恥心を煽われどんどん乱れていきます。

オナ電を利用している女性の体験談

夫との単調なセックスに飽きてしまい、毎日もやもやとした気持ちで過ごしていたときに、
ネットでテレクラ ツーショットダイヤル「MGI」のことを知りました。
女性は完全無料で利用できると書いてあったので、夫が不在のときに、こっそり試してみました。
そのときの相手は、私より少し年上の男性で、落ち着きのある声をした方でした。
初めてだったので緊張していましたが、彼の声を聞くうちに徐々に緊張がほぐれていきました。

会話が少しずつエッチな内容になっていき、「胸触ってもいい?」と聞かれたときにドキッとしてしまいました。
「胸柔らかいね、乳首触るよ」と言われるのに合わせて、自分で乳首を触りましたが、それだけで驚くほど興奮してしまいました。

「パンティーの上から触っていくよ」と言われ、パンティー越しに自分のアソコに触りましたが、すでに下着はグショグショでした。
パンティー越しに責められた後、「パンティーを脱いで脚を開いて」と言われ、やっとイケると思いましたが、彼から「クリを指先で優しく触るね」とじらされ、イキたい気持ちを抑え、その通りにすると自分でも驚くほど大きなお声が出てしましました。

そこから、クリと乳首を交互に責められ続け、最後にやっと「アソコを触るよ」と言われ、グチョグチョになったアソコを触った途端、イッてしまいました。
その後、2回くらいイカされて、ヘトヘトになりました。
それ以来、夫がいないときにこっそりmgiを利用して楽しんでいます。

いかがでしたか、テクニック次第で電話だけでもここまで気持ちよくなれます。
あなたもテクニックを磨いてオナ電に再挑戦してみましょう!

-オナ電の楽しみ方

Copyright© オナ電ライフ , 2018 AllRights Reserved.

初めてのオナ電なら『MGI』がおすすめ!
オナ電サイトMGI